LINEスタンプ作ったので良かったら見てね〜w 詳細はこちら

Apple watch 活用術!Amazon Audibleの使い方を解説!

どうも、たれっとです。

今回はApple Watchを活用したAmazon Audibleの使い方を解説します。

Audibleって何?って方は、下記の記事をチェックしてみてください。

Apple Watchに同期しておけば、Apple Watch単体でもオーディオブックを聴くことが可能です。

例えば、ジョギングする際などの、スマホが必要ないシーンで活用できます。

ただし、同期の時間が割とかかります。就寝前などに同期しておくのが良いでしょう。

CONTENTS

インストールはiPhoneから。

 Apple Watchにダウンロードするには、他のアプリ同様にiPhoneから行います。

早速、App Storeからダウンロードしましょう。

App storeからダウンロード
アプリトップ画面
ログイン画面

トップ画面では「初めての方はこちら」と「サインイン」があるが、どちらのボタンを押してもログイン画面になるようだ。

ログイン画面の「アプリを試す」から、サンプル視聴できたり、どんなタイトルがあるのかなどがチェックできる。

Amazonのアカウントをお持ちであれば、そちらのアカウントでログインすることができる。

iPhoneからApple watchへ転送

 iPhoneで無事にログインしたら、好きなタイトルをダウンロードしましょう。

ログインしていれば無料体験で1冊ダウンロードが可能です。

Apple Watchへの転送手順

STEP
ダウンロードしたタイトルをライブラリに表示させましょう。

タイトル横の「…」をタップします。

STEP
Apple Watchと同期する

メニューで「Apple Watchと同期する。」を選択。

画像は、同期中に画像を取得したため、「キャンセル」と表示されてしまってます。

POINT

Apple Watchと同期する場合は、充電しておくと同期が早いようです。

Apple Watchで操作出来る内容

同期が完了したら、早速Apple Watchの画面に進もう!

STEP
iPhoneかApple Watchかを選択できる。
STEP
再生パネルが表示されます。

画面を詳しく解説します。

STEP
メニュー欄

好きな章から再生が可能です。

スリープタイマー

自動的にオーディオを終了する時間を設定しておけます。

オフ・8分・15分・30分・45分・60分から選択が可能です。

スキップオプション

巻き戻しと早送りの時間を調節できます。

10秒・15秒・30秒・60秒の4つから選択が可能です。

速度

-0.5倍から2.0倍まで朗読速度を調整できます。

削除する

Apple Watchから選択中のオーディオブックのデータを削除できます。

自動削除

読み終わったものを自動で削除してくれる。

オーディオブックのバージョンを表示したり、表示されたバージョンをiPhoneに転送したりできます。

以上、いかがだったでしょうか。

Apple Watchと同期しておくと、結構便利なので、是非お試しください。

それではまた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

CONTENTS