LINEスタンプ作ったので良かったら見てね〜w 詳細はこちら

【衝撃価格】パソコン不要の液タブとは!気になるお値段は…?

どうも、独り言が多いたれっとです。

お絵かき業界では、液晶ペンタブレット(通称:液タブ)が、安価な物から多機能のものまで、様々なメーカーから市場に多く売りに出されています。

ですが、ペンタブレット(通称:板タブ)と違って、まだまだ高価な製品であるのは拭いきれません。

現在、私が使用している液タブは、ワコムWacom Cintiq 16も同様で、比較的安価な部類には入っておりますが、それでもこんなお値段です。

Wacom(ワコム)
¥62,000 (2021/12/12 16:51時点 | Amazon調べ)

また、液晶ペンタブレットは、3種類に分けられます。

  • パソコンとの接続を要するもの
  • パソコン以外でも接続が可能なもの
  • 単体で利用できるもの

ちなみに、上記Cintiq 16については、パソコンとの接続を必要とします。

これからお絵かきを始める方や、アナログからデジタルに移行する方にとっては、お絵かきソフトが起動するレベルのスペックを搭載したパソコンも購入する必要があり、少しだけ敷居が高い方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は!
  • パソコン以外でも接続が可能なもの
  • 単体で利用できるもの

上記2点を紹介していくよ!

お一人様ですね?
CONTENTS

パソコン不要の液晶ペンタブレットの種類。

重複しますが、具体的に説明しますと、パソコンが不要な液タブとは、下記の2種類です。

  1. スマホを利用して動作可能な製品。
  2. 液タブ単体で動作可能な製品。

スマホを利用する

ドクシャB

パソコンは持ってないから詰んだ!

って方…でも待ってください。みなさんが愛用しているスマホがパソコンの替わりになります。
スマホを液タブ起動のブレーンとして迎え、デジタルイラストにデビューしましょう。

様々なタイプの商品が増えてきましたが、私が現在最もオススメする安価で購入が可能な液タブを紹介します

XP-PEN 液晶ペンタブレット Artist 12 セカンド

2021年秋にデビューした新製品。安価でも性能はとってもパワフルなんです。選べるカラーはブラック、ブルー、グリーン、ピンクの4色です。液晶ペンタブレットのエントリーモデルとしての定番商品になりそうですね。

良いところ!
残念なところ!
  • 筆圧レベルは8192とプロ仕様。
  • アンチグレアフィルム装着済み
  • スタイラスペンは、充電不要!
  • スマホ接続可能!(Android※)
  • スマホで利用するには、USB-Cケーブルが別途必要。

※ Androidデバイスは、USB3.1、Displayport1.2以上の規格のものが対応しています。
  具体的な対応機種は公式ストアよりからご確認ください。

XP-PEN 液晶ペンタブレット Artist 12 セカンド
イマイチ!
オススメ!

公式ストアでは、セールも随時行われているので是非チェックしてみてください!

タブレット単体で描く。

iPad Pro (M1,2021)

iPad pro 12.9インチ
出典:Apple公式サイト

正確には液晶ペンタブレットではなく、タブレット型端末ですが、Apple pencilとの組み合わせで液タブと化します。

専用の液タブと性能を比較すると若干劣りはするものの、こちらのiPad ProはM1チップ搭載しているので、パフォーマンスとグラフィック処理能力が大幅にアップしています。

良いところ
残念なところ
  • マルチタスクが便利すぎる
  • M1チップでサクサク動く
  • MacBookのサブモニターになる
  • 単純に重い(12.9 インチ)
  • 純正のキーボード高すぎ
iPad Pro 12.9インチ wi-fiモデル
イマイチ!
オススメ!

Wacom MobileStudio Pro

出典:ワコムストア

液晶ペンタブレットではなく、タブレット型ノートPCといった位置づけなのでしょうか。液タブにwindowsOSが入りました。マシンスペック自体は、そこそこの性能かと思います。普通にノートパソコンを購入するものだと思っていただければ間違いないですね。

良いところ
残念なところ
  • この端末一つで仕事が完結できる
  • ワイヤレスで作業可能
  • 価格が高め
  • メインメモリが8 GBか16 GB※

※メモリは最大32GBまで増設可能ですが、おそらく自身での追加分の購入、増設が必要なようです。

Wacom MobileStudio Pro
イマイチ!
オススメ!

みなさん、いかがだったでしょうか。

色々とご紹介しましたが、価格が高いのは、どうしても仕方ないことなのです。
そこは先行投資ということで、お決めになられたら良いかなと思います。

私はそんな考えで、いつも新製品の購入を検討しています。

それでは、また!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

CONTENTS