LINEスタンプ作ったので良かったら見てね〜w 詳細はこちら

「結局買いなのか?」iPhone 13 pro と Max の違いを全部教えます!

iPhone13Pro MAXの違い

どうも、たれっとです。

iPhone 13 Proを予約して買った私が、実際に使用してきて、買いかどうかをはっきり伝えますが、買うのは待ちましょう。理由については、Pro、Max両機種を比較しながら説明していければと思います。

この記事を書いている人

iPhone3GS時代からのAppleオタクで、iPhone使用歴は10年以上。

たれっとです!
CONTENTS

ProとMAXを比較

それでは早速、iPhone 13 pro (以降pro)とiPhone 13 pro Max(以降MAX)の違いを見ていきまっそいー。

発売日

iPhone 13 シリーズは、日本時間の2021年9月17日21時から予約受付がスタートしました。発売日は2021年9月24日でしたね。Pro、Maxに発売日の違いはありませんでした。

予約完了時画面
予約当時のスクショ

カラー

iPhone13Pro 新色

iPhone13 Pro、iPhone13 Pro MAXの色は4色。シエラブルー、シルバー、ゴールド、グラファイトです。

なお、色による違いはありませんでした。

ちなみに聞いてないでしょうが、私はグラファイトです\(^o^)/

2022年3月18日から新色アルパイングリーンが登場。

iphone13pro 新色アルパイングリーン
Apple公式より

iPhone13および、iPhone13 Proどちらにも登場です。

価格と容量

次に、容量と価格の比較です。

機種容量(GB) 価格(税込)
iPhone 13 Pro128122,800円
256134,800円
512158,800円
1000182,800円
iPhone 13 Pro MAX128134,800円
256146,800円
512170,800円
1000194,800円
2022年1月現在の価格です。

それぞれ同様の容量を選べますが、価格はMaxの方が高いです。スマホは毎日携帯するものなので、容量が大きいものを選ぶと良いでしょう。

他にも大容量保存が可能な外付けSSDなどをお持ちでしたら、どの容量のものでも問題はない…と言いたいところですが、128GBだけはやめましょう。画像ファイルもそうですが、動画がほとんど本体に保存できなくなってきて、画像の整理などを頻繁にしなくてはいけなくなり、とってもめんどくさいです。

128GBにしてはいけない理由は、こちらもチェックしてみてください。

サイズと重量

続いてサイズ感と重量ですが、厚み以外が異なります。

iPhone 13 proiPhone 13 pro MAX
インチ6.1 in6.7 in
高さ146.7 mm160.8 mm
71.5 mm78.1 mm
厚み7.65 mm7.65 mm
重量203 g238 g
左はiPhone11 Proです。

先ほどもお伝えしましたが、スマホは毎日携帯するものなので、重すぎるのはいただけませんね。カメラがでかくなった分、重量がかなり増えました(iPhone 12 Proが187g、iPhone 12 Pro MAXが226gです。)

特に一番人気になるであろうProの上げ幅が一番大きくなっており、非常に残念です。

なんか、初めて見た時、カメラ無理やりくっつけたのかと思ってしまったことは秘密にしておきます。笑

ちなみに、カバーをつけないと、かなり出っ張るのでまっすぐ置けません

ディスプレイ

ディスプレイはどちらもProMotion搭載のSuper Retina XDRディスプレイですが、若干、ピクセル解像度に差があるようです。

機種名解像度ppi
iPhone 13 Pro2,532 x 1,170 px460ppi
iPhone 13 Pro MAX2,778 x 1,284 px458ppi

ppi(ピーピーアイ)とは、pixels per inchの略で、ディスプレイやビットマップ画像における解像度を示す単位である。別名画素密度 (pixel density) とも呼ばれる。解像度とは、すなわち、画像を表現する格子の細かさであり、一般に1インチあたりのピクセルの数を表す(1平方インチあたりではない)。ppiで表したピクセル密度のことを単にppiと呼ぶことがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
https://ja.wikipedia.org/wiki/Ppi

デカイ画面の方が見やすいのは見やすいですが、先程と同様…重いのでそもそも手が疲れるし、重量のせいでMagsafeの吸着力を超えて、たまに外れて落下することも…。

ビデオ再生時間と、充電

こちらは、バッテリー容量に比例しています。

iPhone 13 ProiPhone 13 Pro MAX
連続再生時間22時間28時間
ストリーミング再生20時間25時間
オーディオ再生75時間95時間
充電時間30分の充電で50%充電できる35分の充電で50%充電できる

本シリーズより、Promotion機能が加わったり、シネマティックモードで撮影ができたり、内側カメラにポートレートモード追加されたりと、カメラがでかくなった分、しっかりカメラ部分は改修または、新設されているようです。新たな機能名を見ていると、まるでiPhoneではなくて、デジカメです。ですが、まぁ機能自体は強化されていることがわかります。

まとめ

それでは最後に…

iPhone 14 かSE2を待つのだ〜。
結局買いなのか否か

Pro・Max両機種ともステイ!

  • 16g重くなったので毎日の持ち運びが疲れる。
  • カバーありきのカメラなので、カバー無しで持ち運ぶのが少し怖い。落としたらカメラが割れそうでござる。
  • 少しの揺れでMagsafe対応の充電器から剥がれおちることがある。
    (カバーありきのiPhoneなので、どうしたらええんや…。)

ただし、良いところもある

  • デカメラな分、写真やビデオ撮影がものすごくキレイ。
  • Promotion搭載しているので、画面がサクサク動く(誤差レベルかも?)
  • 現時点では、最も処理能力の高い頭脳を搭載している為、
    iPhone操作時においては、上記と併せてストレスなく操作が可能。

ちなみに…リーク情報によると、2022年9月?10月?に発売を予定しているであろうiPhone14シリーズでは、このiPhone13 Proをすべて台無しにしたカメラが、パンチホール式カメラに変更されると、予想されているようです。

これでiPhone 14にType-Cが採用されたら、スルーしないかもしれない…。
それでは。

iPhone13Pro MAXの違い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

CONTENTS