LINEスタンプ作ったので良かったら見てね〜w 詳細はこちら

購入予定者必見!iphone 13 proの128GBと256GBの違いを比較。

どうも、たれっとです。

今、iPhone 13 proの購入を検討されているなら、必ず確認していただきたいことがあります
特に128GBと256GBで購入をお悩みの方は必見です。

簡潔にまとめてきましたので、ササッっとチェックして失敗しないようにしましょう。
それでは、早速いってみましょう。

CONTENTS

128GBと256GBの違いは3つ。

3つの違いとは。
  1. メモリ容量
  2. 価格
  3. 動画撮影の制限
①と②は当然だ


① メモリ容量が違います。

ものすごーく当たり前なことを書いてますが、重要なので敢えて書いてます。

まず1つ目としてあげられるのは、数字が違いますよね。「128GB」と「256GB」。

…。

読者A

え、アホなの?そんなの誰でもわかるわ。

まだ重要なこと話してないので、ページ読むのやめないでください;;

今の世の中、動画ファイルの取り扱いが多くなってきましたよね。ですので、メモリ容量は大きいに越したことはないですね。

② 価格が違います。

読者A

…あ? 

いや、あの…これまた決定的な違いじゃないですか。当然ながら、①メモリ容量が増加した分、価格があがります。決して安い買い物ではないですし、とっても重要なことだと思うのですよ。

参考までに、現在の価格をチェックしてみましょう。

2021年11月時点の価格です。
128 GB
256 GB
  • 122,800円(税込)
  • 134,800円(税込)

 半導体不足がまだ解消されていないのか、まだまだSSDですとかは値上がりしている状態のようです。
ほんとは1TBのiPhone 13 pro ほしかったのですが、やっぱりその分高いですー。

128 GBではApple ProResでの動画撮影ができない。

 128 GBだけ、4K/30fpsでのProRES撮影は行えず、1080p/30fps撮影の制限付きでなら、ProRESは対応可能、とのこと。

私これ、ホントに見逃していました。

そうなんです。

私、この逆に特別感を持った128GBちゃんを購入したのです。

購入当時は、

たれっと

全部mac(2TB)に保存するから、容量はいらんよねー。

そんな安易な気持ちでチェックするんじゃなかった…。というのが、過去の自分に対して擽り(くすぐり)の刑にでもしてやりたいところです。と言っても動画撮影ってあまりする機会がないのですが、今後YouTuberになったとしたら、いるよね?いるよね?(ドキドキ)

読者A

ところで…ProResてなんやねん?プロレスラーか?お?

おっと、失礼。説明を忘れていました。

ProResとは…


Apple ProRes コーデックは、リアルタイムでマルチストリーム編集が可能なパフォーマンスの高さ、抜群の画像品質、保存時のサイズの小ささ、すべて併せて実現してくれます。マルチコア処理を最大限に活用したコーデックで、高速な解像度デコードモードが特徴です。

https://support.apple.com/ja-jp/HT202410

なんと、ProRes ファイルのサイズは最大で HEVC ファイル30 倍になります。

HEVCファイルとは…

H.265 (エイチにいろくご、ISO/IEC 23008-2 HEVC) とは、H.264/MPEG-4 AVC後続の動画圧縮規格の一つ。High Efficiency Video Coding (HEVC) とも呼ばれている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/H.265

記事投稿のパーツ程度でしか、動画は作成しておりませんので、あまり詳しくはないのですが、要するに、ProResとは、容量がバカでかいけど、とにかくマルチコア処理を最大限に活用できるコーデックなのである。

そう考えたら、私の場合は、動画をそもそも取ることがあまり無いため、128GBを購入したことは、結果的には失敗ではなかった。(ということにしておきましょう。笑)

まとめ

というわけで…まとめますと。

・動画撮影で利用される機会が多いユーザーの方は、256GB以降がオススメです。

ところで、このApple ProRes。

iPhone13 proで撮影できるようになりましたが、編集するのに最適なのは、M1 pro、M1 MAXを搭載したMacBook Proだと思います。

欲しい。

良いガジェットライフを!

読者A

じぇじぇ・・寅?

たれっと

もうええわ。

それではまた。

※読者Aは単なる賑やかし要素となっておりますので、フィクションです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

CONTENTS