LINEスタンプ作ったので良かったら見てね〜w 詳細はこちら

Apple Booksで文書をPDF化して書き出せるか調べた。

どうも、たれっと(@tarretworks)です。

Apple Booksは、購入した電子書籍を読むことができる電子書籍リーダーですが、PDF文書の管理もできるため、本屋さんと図書館が合体したようなアプリです。

また、電子書籍のほかにも、オーディオブックサービスもありますよ。

今回はMacBook Proに初期から入っている「ブック(Apple Books)」アプリで文書をPDF化して書き出しが可能かという点と、その方法について解説します。

CONTENTS

Apple Booksで文書をPDF化して書き出せる?

PDF文書の取り込みはできるが、書き出しができません!

でも、書き出しできる裏技がありますので、ご安心を。

PDF文書への書き出し方法(PDF化)

Apple Booksアプリは、文書をPDFに変換して書き出すことができませんでしたので、外部のツールを用いてPDF化いたします。

STEP
スクリーンショットを取る。

まずは、PDFにしたい文書を手当り次第、スクリーンショットで保存しましょう。

これは、MacでもiPadでもiPhoneでもどのデバイスでも大丈夫ですよ。

STEP
Macの機能を活用して、PDFに変換します。

PDFにしたいスクリーンショットを選択してクイックアクションPDFを作成です。

「PDFを作成」
POINT

複数のスクリーンショット1つのPDF文書にまとめたい場合は、

該当するスクリーンショットをすべて選択して上記の「PDFを作成」をクリック。

「Goodnotes 5」アプリをお持ちの場合、そちらでもPDF化できますので、是非お試しを。

PDF化する作業を自動化してみた

最終的に、整理されたPDF文書を任意のフォルダに格納する自動化ワークフローを作成してみた。

ワークフローの手順としては、下記のとおりです。同じように作ってみてくださいね〜。

フォルダアクションを使用

STEP
(この工程は任意)アプリケーションを起動

結合したPDFを格納するアプリケーションをあらかじめ自動で開いておくためのワークフローです。

STEP
イメージから新規PDFを作成

PDF文書を保管するフォルダを選択。ファイル名もここで任意のものにできる。

STEP
PDFページを統合

複数のPDF文書を統合。下記いずれかで設定可能。

  • ページを順番に追加していく形式
  • ページをランダムに追加していく
STEP
保存して、起動!

実際にちゃんと動くか試してみました〜

今回は、カンタンなワークフローしか紹介していないけど、色々と自動化システムを導入していくと、クリックひとつで、残りの工程を自動で行ってくれるので、とっても便利ってことがよくわかりましたね!

なお、結合したPDF文書をブック(Apple Books)アプリに取り込む方法は、このあと解説します。

PDF文書の取り込み方法

PDF文書の取り込みはとってもかんたんです。

STEP
Macのメニューバー選択

Macのメニューバーを開く。この時、取り込みたいPDFを開いた状態で操作しましょう。

STEP
「読み込む…」を選択

任意のファイルを選択して、クリックするとPDF文書がライブラリの中に取り込まれる。

以上でPDF文書が取り込まれますよ。ね。とってもカンタンでしょ?

通常、購入した電子書籍に関しては、最配布や再販は禁止されています。
著作権法に抵触するような行為は、絶対に行わないでください

それでは、また〜!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

CONTENTS