LINEスタンプ作ったので良かったら見てね〜w 詳細はこちら

14インチのM1 MAX MacBook ProでWindows 11の動かしてみた結果…

どうも、たれっと(@tarretworks)です。

今回は、M1 MAXチップを搭載した高価な玩具を購入したので、Macで色々遊んでみることにしました。

その第一弾として、何しようかなーと思い、とりあえずWindows11をぶっこんじゃいます。笑

ぶっ込むマシンスペックは以下のとおり。

名称MacBook Pro (M1 MAX 2021)
ディスプレイ14インチLiquid Retina XDRディスプレイ(う、美しい)
メモリ64GBユニファイドメモリ(めっちゃ快適)
ポートThunderbolt 4ポート x 3、HDMIポート、SDXCカードスロット、MagSafe 3ポート(ポート復活して大満足!)
チップ10コアCPU、32コアGPU、16コアNeural Engine搭載 Apple M1 Max
(マジ賢者)
キーボードTouch ID搭載バックライトMagic Keyboard - 日本語(JIS)
(ファンクションキー復活!)
ストレージ1TB SSDストレージ(ちょっぴり後悔)
電源96W USB-C電源アダプタ(重いぞ)
その他Touch IDはキーボードに組み込まれました。(触感良し)

それでは、早速いってみよう!

CONTENTS

Windows11を導入するには

Windows PC img

MacBook ProでWindowsを起動する方法として、代表的なのがこちらの2件。

  1. Boot camp(ブートキャンプ)
  2. Parallels Desktop for Mac

一つずつ説明していこう。

① Boot camp

調べたところ、Boot campは、Intel搭載のMacのみしか対応しておらず、M1チップ搭載のMacは利用できない模様※Boot campは、Macに標準搭載されている仮想マシンの構築してくれる有り難いアプリなのだ。

Intel搭載Macをお持ちの場合は、Apple公式サイトで詳細確認してみてね。

どうでもいいけど、Boot campって聞くとビリーズブートキャンプを想像しちゃうのは私だけ・・・?
しかも、何気に調べたらまだ続いていたんですね。頑張って!ビリーさん!

ドクシャA

しかもなんか令和に追いついてきてるな。笑

たれっと

さすが。ビリー氏。

Parallels Desktop for Mac

それなら、もう一つの候補として有名なParallels Desktop for Macというものがあります。

M1チップ搭載のMacBook Proには、未対応だったけど、いつのまにか対応している模様。

※画像なので動画再生ボタンは押せませんよ。笑

無償トライアルもあるようなので、一度お試しで導入してみるのがおすすめです。

ちなみに、パッケージ版も販売しているようですよ。

実際の画面はこちら

これがWindows11のデスクトップ画面です!!

Windows11をインストールしたMacBookProの画面。
画像だけ見ればWindowsにしか見えない。
ドクシャA

おー確かにWindows11ですな。

たれっと

デフォルトで入っていた画像がかっこいいですぞ。

ちゃんとMacBook上で動かしているということがわかりやすいように、小窓化してみました。

4Kモニターは本当に使いやすいですー

実際は、こんなことになってますけど。笑

画面使いすぎな件

インストール手順とかは、今回の主旨に沿っていないので、省略させていただきました。需要があれば記事にしたいと思います。…でも、ボタンポチポチ押していくだけなので、カンタンですよ。

ちなみに、インストールが完了したらWindowsのライセンス認証が必要なので、お忘れなく。

MacにWindowsをインストールした後にもやっぱりWindowsのライセンス認証は必要ですよ。
Windows11 ライセンス認証の取得

WindowsPC持っている方は、ライセンス移すか新たにライセンスを取得する必要があり、windowsPC持ってないよって方は、ライセンスを別途購入する必要がありますので、そこだけは注意ですね。

デジタルライセンスの購入手順

デジタルライセンスは以下の手順で購入できます。

STEP
スタートボタン(Windowsボタン)を押します。

ちなみに、Mac上の操作なので、command(⌘)ボタンを押せばオッケーです。

STEP
「設定→システム→ライセンス認証」の順にクリック。

STEP
「Microsoft Storeに移動」を選択

ここでデジタルライセンスが購入できます。

パッケージ版はこちら

オンラインコード(DSP版)はこちら

DSP版ってOEM製品のこと。OEM製品って確か、メーカー固定のシリアル番号になるので、ライセンスの移動に制限があるはずです。つまり、他のパソコンにライセンスを移動することができないってことですな。

後々のことを考えると、あまり購入はオススメはしないです。
スマホに例えると解除できないSIMロックみたいなもんですかね。厄介だー!

ということで、Windowsを導入するなら…
Windows10を導入すべし!

発売して間もないOSは動作が不安定なことが多いので、Windows10がおすすめです。

私は、生贄動作検証に使いたかったのでwindows11をぶち込んだわけなのです。えっへん。

ちなみに、Windows10はこちら

Steamで遊んでみた

やっぱりWindowsといったら、PC版ゲームですよねー。

元々ゲーマーだったので、ホコリがかぶった昔のSteamアカウントをひっぱり出してきました。

まずは、軽めのやつ。

Terraria!神ゲー。

177時間プレイしてることになってるけど、他のアカウントでもっとやってて多分1000時間はやってる。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

CONTENTS