LINEスタンプ作ったので良かったら見てね〜w 詳細はこちら

MacBook Pro(14 inch)に保護カバーケースをおすすめする5つの理由

どうも、たれっとです。

みなさんは、MacBookProを保護するカバーケースをつけていますか?

え?何もつけないままの方がクール

オシャレ

ハハッ。

私もそのままの方がカッコいいとか、思っちゃってました、MacBookProを購入する前まではね。

CONTENTS

6ヶ月後の保護ケースがどうなるか。

わかりますかね?画像でいう右角の部分。完全に割れちゃってます

せっかくなので、iPhone 13 proでマクロ撮影してみました。笑

ご覧いただいたように角がほぼ割れちゃったんです。

ちなみに、本体に目立った傷はなかったです。

これってつまりどういう意味なのかわかりますか?

MacBook に保護カバーケースは必要?

私は、絶対にカバーケースをつけるべきだと思ってます。

え、ダサい。とか言わないで…。

私のMacBook proをみてください。

こちら、カバーケースを外して撮影しました。
(画像下に映り込んでいる透明のものが保護カバーです。)

どうですか?

めっちゃキレイでしょ!

ちなみに、裏側はこんな感じです。

裏側はカバーケースついたままで撮影しました。

全面保護できるクリアケースのつや消しタイプです。

ちなみにこう見えて、私「見た目から入るタイプ」だったので(あれ…今もそうかもしれない)、こんなこと思ってました。

たれっと

「見た目と質感って大事じゃない?クールなMacBook Proが輝かないしさ。」

思い出すだけでやだ、恥ずかしい\(^p^)/

見た目と質感は大事。

 話を戻しますが、このクリアケース。

確か、お値段もそんなに高くなく、2500円弱ぐらいで、某フリマアプリで購入しました。

もう該当のページはないので、お見せできないのですが、確かこんなことが書かれていたと思います

出品者A

大切なMacBookをキズや衝撃から守ると同時にファッションをとどめている

たれっと

なんかこのヒト見たことあるー!

見た目より中身で勝負

冒頭で、角が割れたカバーケースの画像をお見せしましたが、どういう意味だったのか、もうお分かりですね?

説明しよう!

1つ目は、単純に保護カバーケース自体が貧弱だったということ。

ポリカーボネート(PC)素材で作られていますが、薄さと軽さにこだわりすぎて、頑丈ではなかったのです。

2つ目は、もし、保護カバーケースをしていなかったら…

MacBook本体に割れたカバー相当分のダメージが入っていた…。

保護カバーケースをおすすめする5つの理由

保護カバーケースをつけた時の良し悪しは下記のとおりです。

デメリット

  1. せっかくのデザインが隠れちゃう。←
  2. 重くなって持ち運びがツラい。
  3. 放熱しにくくなり、故障の原因となる。
  4. 相手がMacBookより硬ければ、キズがつく(キズがつきやすい)。
  5. キズがつくと、価値が下がる。

当然、価値が下がるということは、下取りもできなくなったり、安価で投げ売りするしか無くなってしまいますね。

メリット

  1. ケースの上だから、シールなどでデコリまくれる。
  2. 汚れやキズ付き、ホコリからある程度は守られる(強度は素材によります。)
  3. メンテナンスや、クリーニングの手間が省ける。
  4. 比較的、高値で売れやすい。
  5. 新型への乗り換え費用を大幅にカットできる。

パソコンは、決して安い買い物ではありません。日が経過するにつれて、雑な扱いになっていくこともあります。でも、その雑な扱いをしてもいい度合いが、ケースへのダメージだと思ってます。

なので、そろそろ気をつけないと、本体にダメージいっちゃいますね。。

と言いつつ、前述したクリアカバーケースの他に、ファスナーつきのビジネスバッグに入れて持ち歩く、二段構えですけどね!

おしゃれ

ケースの他は何が大事?

ところで裏側についてる黒いの何?

素晴らしい目利きである!こちらは、BLUE LOUNGEさんの「Kickflip」というアイテムです。Macbookを絶妙な角度の傾斜にしてくれて、キーボードをたたくときに疲れにくかったり、空洞を作ってくれるので、放熱効果もあるのでおすすめですよ!

それでは、また!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

CONTENTS