LINEスタンプ作ったので良かったら見てね〜w 詳細はこちら

[2021年10月] Apple event!発表会まとめ。進化した Macbook pro!

[aside type="warning"]リアルタイムで更新した記事の為、記事はじめは、まだ何も知らない状態でのスタートになります。[/aside]

どうも、たれっとです。

出典:Apple公式

Apple storeさんが、張り切ってウォーミングアップをしております。

もう少ししたら、新型のMacbook proや、air podsが予約できるようになるのですが…。

すでにアクセスしずらい状況になっております。

[animate type="tada" duration="3.5" delay="0" inline="no"]お祭りじゃー![/animate]

これ、絶対に「(半導体不足で)入荷待ち」になるんでしょうね。来年の春ぐらいになったら、普通に買えるようになっていてほしいですね。

おっと。そろそろ開幕じゃー!皆のもの視聴準備せよー。

それでは、ここから、2021年10月19日AM 2:00 Apple eventの内容をまとめましたので、是非ご覧ください。

CONTENTS

はじめに

今回のメインコンテンツは「音楽」と「Mac」。

なんかもう予想どおりですよね!

でも、ワクワク感半端ないですなー!

Apple musicがこの秋、進化する!

Apple musicはSiriとの連携が強化されるようですね。

新たに、Voiceプランというものが月額480円でサブスクリプションサービスプランの一つに追加されます。すべてのApple製デバイスで使えて、あらゆる曲、プレイリスト、ステーションに、あなたの声だけでアクセスできます。聴き始める方法はシンプル。「Hey Siri、Apple Music Voiceを開始」と頼むだけです。

これまでの普通のプランと何が違うかというと、一部だけの紹介になりますが、下記の制限がある安価なプランになります。

[aside type="boader"]

  • 空間オーディオ機能がない
  • 歌詞表示機能がない
  • ライブラリにダウンロードできない
  • Apple製意外の対応デバイスで利用できない

[/aside]

他に、Home pod miniに新色が登場するようです。11月から?
詳しくはApple公式ページへアクセス。

Airpods(第3世代)

出典:Apple公式

アダプティブイコライゼーション(EQ)搭載で音楽が耳の形に合わせて、自動的に調整されます。この機能により、空間オーディオがより一層あなたの耳に。

ケースをあけたら、タッチ1回で全てのAppleデバイスと自動でペアリングが可能に。

バッテリー駆動時間は最大6時間の再生時間を実現、合計30時間の再生時間を可能にしました。さらに、5分の充電で、なんと1時間も利用することができるように。

また、ケースがMagsafe対応になりました。

Airpodsは、なんと本日(2021年10月19日)から注文開始販売は翌週なので、10月26日ですね。

AirPods(第2世代) AirPods(第3世代) AirPods Pro AirPods Max
$129 $179 $249 $ 549
16,800円 23,800円 30,580円 67,980円

これはテンションあがるー!!!

Appleシリコン

化け物が産まれた…!すごいの爆誕しちゃってます。

M1 Pro」と「M1 MAX」。まさかの2種類が開発されていた。

Apple M1 Pro

最大10個のCPUコアと最大16個のGPUコアを搭載。16コアのNeural Engineも、4ストリームの8Kビデオを再生できるほどパワフルなメディアエンジン内蔵。200GB/sのメモリ帯域幅を持ち、最大32GBのユニファイドメモリで構成できるので、これまでの作業時間が大幅に減りますね。

Apple M1 Max

GPUコアの数とメモリ帯域幅は、M1 Proの2倍。最大5ストリームの8Kビデオを再生できます。最大64GBのユニファイドメモリで構成できるので、どこまでの作業が可能になるのか、未知数です。

MacBook pro

出典:Apple公式

計り知れない進化は、箇条書きでお伝えします。

・新しい1080p FaceTime HDカメラを搭載。
カメラの解像度は2倍に。

・排熱システムが改良され、50%も多く空気を送り出せます。超静かな起動です。

・原音に忠実な6スピーカーサウンドシステム。マイクは周囲のノイズを60%クリアに。

・タッチバーはやはり廃止に。(悲しみ)

出典:Apple公式

HDMIポート、SDカードスロット、Magsafe充電
Thunderbolt x 3、ヘッドフォンジャック。

[animate type="wobble" duration="5" delay="0" inline="no"]ポート祭りやー。[/animate]

・超高速のSSDは驚くべき[animate type="flipInX" duration="5" delay="0" inline="no"]最大7.4GB/s[/animate]の読み込み速度。前世代の2倍以上。

・iPhone 13 Proと同じ、ProMotion搭載、併せてiPad proと同様のミニLED搭載。1,000ニトです。合わせて、Liquid Retina XDR

・14インチのバッテリーは最大17時間のビデオ再生、最大11時間のワイヤレスネットサーフィンが可能に。さらに16インチは最大21時間のビデオ再生、最大14時間のワイヤレスネットサーフィンができるほど長持ちです。

前世代との比較

[aside type="boader"]16インチPro[/aside]

  • Corei9搭載のMacBook proよりも、CPUパフォーマンスが最大で2倍高速。
  • グラフィック処理は、Radeon Pro 5600Mを搭載したMacBook Proより、2.5倍高速。M1 MAXは4倍です。
  • 機械学習は最大で5倍早いパフォーマンスが得られる。

[aside type="boader"]14インチPro[/aside]

  • CPUパフォーマンスは最大で3.7倍高速に。
  • グラフィック処理は、Corei7を搭載したMacBook Proより、9倍高速。MAXは13倍です。
  • 機械学習は最大で11倍早いパフォーマンスが得られる。

歴代Macbook proとのサイズや重さ比較はこちら
[kanren postid="1265"]

価格比較

M1 Pro、M1 MAXを搭載したMacbook proの値段は下記を参考にしてください。

[aside type="boader"]14インチのいわゆる一番安価な構成の場合の価格は、239,800円〜(税込)です。[/aside]

14インチ トッピング表(すべて税込)
システムオンチップ(プロセッサ) 8コアCPU、14コアGPU、16コアNeural Engine搭載Apple M1 Pro 10コアCPU、14コアGPU、16コアNeural Engine搭載Apple M1 Pro 10コアCPU、16コアGPU、16コアNeural Engine搭載Apple M1 Pro 10コアCPU、24コアGPU、16コアNeural Engine搭載Apple M1 Max 10コアCPU、32コアGPU、16コアNeural Engine搭載Apple M1 Max
ベース +22,000円 +38,000円 +60,000円 +82,000円
メモリ 16GBユニファイドメモリ 32GBユニファイドメモリ 64GBユニファイドメモリ※  
ベース +44,000円 +88,000円
SSD
ストレージ
512GB 1TB 2TB 4TB 8TB
ベース +22,000円 +66,000円 +132,000円 +264,000円

※M1 MAXとの組み合わせのみで選択可能です。

私が検討している構成をセルで色をつけてみました。お値段なんと365,800円。
え、M1 MAXたけー。
かがくのちからってすげー。と思った瞬間である。

[aside type="boader"]16インチのいわゆる一番安価な構成の場合の価格は、299,800円〜(税込)です。[/aside]

16インチ トッピング表(すべて税込)
システムオンチップ(プロセッサ) 10コアCPU、16コアGPU、16コアNeural Engine搭載Apple M1 Pro 10コアCPU、24コアGPU、16コアNeural Engine搭載Apple M1 Max 10コアCPU、32コアGPU、16コアNeural Engine搭載Apple M1 Max
ベース +22,000円 +54,000円
メモリ 16GBユニファイドメモリ 32GBユニファイドメモリ 64GBユニファイドメモリ※  
ベース +44,000円 +88,000円
SSD
ストレージ
512GB 1TB 2TB 4TB 8TB
ベース +22,000円 +66,000円 +132,000円 +264,000円

※M1 MAXとの組み合わせのみで選択可能です。

さいごに

以上、みなさんいかがだったでしょうか。
今回は、とても見応えのあるイベントでしたね!

ちなみに筆者、新型Macbook proの購入に関しては、今回は一旦スルーするかもしれません。なぜかと言うと、タッチバーが無いからです!(←まだ言うかー。笑)

でも、M1 ProとかM1 Maxの性能が計り知れないのはわかってますが、なによりもポートが魅力的なんですよね。

一番安価な新型に手を出すか…?でもせっかく買うならM1 Maxですよね。
ちょっとしばらく悩みます。

それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

CONTENTS